色々悩んで大枚はたいて買った可愛い可愛いレンズたち。

そんなレンズたちをしっかり可愛がっていますか?

しっかり綺麗にしてあげてますか?

え?汚れてないから大丈夫だって?このアホポン!

機材と女の子には優しくしなさいってうちのばあちゃん言ってたもん(←え)

今日は 機材のメンテナンスについて 書いていこうと思います!

レンズメンテナンスについて

レンズ清掃

あの日本、いや世界を代表する大打者のイチローさんも野球道具の扱いには非常に気を使っていたそうです。

自身がどんなにトレーニングをして一流の技術を身に着けたとしてもそれを具現化する為には道具を大切にする必要があるという思いがあるからではないでしょうか。

少し大袈裟な話になりましたが、それに通じるものがあるかもしれませんね。

レンズメンテナンス方法

清掃

各カメラメーカーのHP見てもエタノールがどうとか、あれがこうでこれがどうでとかゴチャゴチャ言われているけど、僕的にはクリーニングペーパーとレンズペンさえあればどうにかなっちゃうんですよね。

世の中には色んなクリーニング用品が売られているけど、あれもこれも揃えたところで絶対使わないから買う必要ありません。

だって、エタノール買ったところでそれ使い切るまでにどれくらいかかるの?もっと簡単にそれ同等の効果が得られる方法があるなら簡単な方選びますよね?だって人間だもの。

そこで僕がオススメするのが、HAKUBAのクリーニングペーパーとHAKUBAのレンズペンです。クリーニングペーパーは100枚入って850円ほどでした。安い。

しかも除菌率99%で速乾性に優れていて拭き跡が残りません。レンズだけでなく、カメラボディやスマホ、タブレットなどのガジェットに使えるので重宝します。これマジオススメ。

もう一つがHAKUBAのレンズペン。正直レンズだけのクリーニングならこのレンズペンだけあればいいかもしれませんね。

レンズペンって名前なだけあって形はペンそのもの。

先端のキャップを外すと先が平らなチップみたいなものが出てきます。なんか見た目可愛らしい感じのこいつは、セーム革にカーボン粉末がのっかっていてこれでレンズ表面を磨いてあげると指紋や汚れが綺麗に取れます。神。

逆側にはブラシが付いていて、セーム革で磨く前にまずはこのブラシで汚れを払ってあげましょう。

レンズ清掃手順

清掃

参考までに僕の清掃方法の手順を教えたいと思います。

  1. まずレンズを眺めて、このレンズを買う際に悩みまくった時期を思い出す。
  2. 心を込めて「いつもありがとう」と言葉にして伝える。
  3. ブロアーで付着したゴミを飛ばせるだけ飛ばす(レンズペンのブラシでも代用出来ます)。この時、思い出は飛ばさないように。
  4. レンズペンのブラシで優しく撫でる。ブロアーで飛ばなかったゴミを除く為。
  5. レンズペンのセーム革部分でレンズ表面を磨く。この時レンズ表面の内側から外側に円を書くように。
  6. レンズを良く見て、落ちていない汚れがある場合はクリーニングペーパーで拭き取る。

以上が僕のレンズクリーニング方法です。あくまで参考までにどーぞ。

レンズのメンテナンスまとめ

レンズが汚れてしまうと解像度が低下したりフレアの原因になったりいい事がありません。

定期的に機材はメンテナンスしましょう!