松本城

皆さん撮影スポットってどのように探していますか?

SNSで話題の場所を調べて撮影場所を決めたりとかすると思うんですが、もしかしたら意外と近場に絶景スポットがあるかもしれません

もしかしたら撮影の仕方によっては、なんてことない場所でも絶景スポットに生まれ変わる可能性があります。今日はそんな話をしたいと思います。

長野県松本市で絶景に出会えたって話。と題して写真を何枚か紹介したいと思います!

▼ 撮影ロケーション
  • 長野県松本市 松本城・総合体育館・護国神社

長野県松本市について

僕の住む松本市について少し紹介したいと思います。

キャッチフレーズは、文化香るアルプスの城下町三ガク都(楽都・岳都・学都)です。

長野県松本市は国宝の松本城や同じく国宝の旧開智学校など、幸い戦災を逃れたことから歴史的建造物が数多く残る都市です。

松本城や旧開智学校などの建築物はもちろんの事、上高地や美ヶ原高原など多くの自然を要していて、観光業にも力を入れています。

また、松本市の中心部は城下町の名残を残そうと、蔵造りの町並みである中町通りなど人気のある町並みとなっています。多くの温泉やスキー場、ハイキングトレイルがあるので一年を通して多くの観光客で賑わいをみせる町が松本市です。

あまり長くなってもあれなんで、まとめると「自然と歴史に触れるには最高の町だよ」って事です!

長野県松本市の定番観光スポット

僕が個人的におすすめする松本市の観光スポットを紹介したいと思います。あくまで「個人的に」なのでクレーム等は受付ません。

  • 国宝 松本城
  • 国宝 旧開智学校
  • 中町通り(中町商店街)
  • 松本市美術館
  • 松本市アルプス公園(展望台)
  • 上高地・乗鞍高原

ド定番で申し訳ないほどの定番観光スポットですが、逆にここに行かないと松本を観光してきたなんて言えないと思います。

松本城旧開智学校を観光してから、中町通りで食べ歩きや民芸品などに触れる。なんなら松本市美術館も頑張れば歩いて行ける距離です。美術館の後は松本イオンモールで映画やショッピングを楽しむのもありではないでしょうか。

上高地に関してはマイカー規制によりルートが少し特殊です。乗鞍高原は紅葉シーズンから冬のスキーやボードシーズンに訪れてほしい場所です。

長野県は雪国なので数多くのスキー場があり、多くのオリンピアンを輩出している県でもあります。そんな数多くのスキー場の中でも乗鞍高原スキー場は雪質がかなりいいと思いました。雪質にこだわりたい方はぜひ来てみてくださいね。パークも充実しているので初心者から上級者まで沢山の方が楽しめると思います

長野県松本市の写真

話を本題に戻します。実はこの日は早朝から蓼科の方へ写真を撮影しに行ってました。

蓼科と言えば有名なのが御射鹿池などですが、この日は宛てもなくただフラフラして「素敵な景色に出会えたらいいな」って感じのドライブ撮影でしたね。

蓼科ビーナスラインで見た針葉樹林に差し込んだ柔らかい太陽の光に照らされた光景は忘れられません。ですが、停車出来るスペースがなく残念ながら撮影する事はできませんでした。

来年は必ずや撮影したいと思います。

そんな後悔とともに地元に帰ってきたわけですが、まだ撮影が物足りなかったので地元をフラフラしていたところ絶景に出会えました。

まずは松本城。昨年、松本城の紅葉写真でSNSを賑わせた構図をご存知ですか?それが下の紅葉フレームの構図です。この構図を見た時に「来年は絶対にこの構図で撮影する」と心に決めていた事を思い出したので松本城へ向かいました。

松本城
紅葉フレーム構図です

どうですか?控えめに言っても綺麗じゃないですか?昨年は見る側で感動した構図なので、今年は伝える側としてみなさんに感動してもらえたら嬉しいですね。

ポイントは可能なら太陽を隠して、光芒を付ける事で更に印象的な写真になるのではないでしょうか。

松本城での撮影を終えた後はお城を北上して、次なる目的地は護国神社です。ここは立派な鳥居が目を引く歴史あるお寺です。

そんな護国神社の敷地内の端の方にあったモミジがまさに色付こうとしていたので撮影しました。

護国神社

葉っぱの色の変化が綺麗に出ていますね。全部が色づく紅葉も好きですが、このような色の移り変わりが分かるような感じも大好物です。

護国神社の隣にある、松本市総合体育館はバレーの試合が行われる事でも有名で、この裏にあるいちょうの木が確か見頃だと思ったので撮影してきました。

いちょうの木

赤く色づく紅葉ももちろんいいですが、鮮やかな黄色のいちょうの木も最高ですね。階段の手すりをリーディングラインに使って、意識的にいちょうの木をフレームアウトさせて大きさを主張させてみました。

この手の被写体は逆光での撮影もいいですね。その際は露出補正を+側に振ってみてくださいね。でないと被写体が暗くなってしまいます。

現像で色を起こせればいいですが、黒つぶれしていると元も子もないので注意が必要です。今回はゴーストが出てしまいましたが、これはこれで良きです。

いちょうの木

紅葉の季節が終盤になってきたら、ぜひカメラを下に向けて見てください。落ち葉もまた秋を素敵に演出してくれます。

晩秋

松本市で撮影。近場の絶景まとめ

今回はお写んぽみたいな形になりました。ですが、普段は絶景を求めて行けば約束されている風景を撮影しているわけですが、このように地元で思いもよらずに絶景に出会えるといつも異常に感動しますね。

もしかしたらあなたの近くにも絶景があるかもしれません。

撮影する物に困った時はまずは近場に目を向けてみてはいかがでしょうか?意外と近場にこそ絶景があるかもしれませんよ^^