皆さんこんにちは。

コロナウイルスにより外出自粛しておりますので、今日も過去の作品を紹介しようのコーナーです。

本日紹介する長野県の桜の名所は僕がわざわざ説明するまでもない場所ですね。その場所は、長野県伊那市の 高遠城址公園 です。

日本三大桜の一つですからね。長野県の名所というか、ここは日本の桜の名所の一つです。僕が今まで見た桜の中でも群を抜いて綺麗な場所です。

長野県伊那市 高遠城址公園の桜

高遠城址公園

高遠城址公園の桜と言えば、天下第一の桜と呼ばれるほど見事な咲きっぷりが有名です。品種はタカトオコヒガンザクラという桜の品種で、特徴は花が小振りでピンクの強い可憐な花を咲かせると言われています。開花時期が非常に短いのも特徴の一つですね。その為、桜の満開でいい時期を見極めるのが非常に難しい桜とも言われています。僕は昨年訪れて、運良くちょうどいい時期に撮影する事ができました。

長野県伊那市 天下第一の桜の始まり

遠い昔は、馬の姿が花に埋もれて隠れたという高遠藩の桜馬場。明治8年頃、荒れたままになっていた高遠城址をなんとかしようと、旧藩士達が馬場の桜を城址に移植したのが高遠城址公園の天下第一の桜の始まりです。

園内には約1,500本もの桜が植えられていて、伊那市高遠町では桜の保護・継承を目的とした「桜憲章」を制定しています。ちなみに高遠城址公園のタカトオコヒガンザクラは長野県の天然記念物に指定されています。門外不出とされ、町民でも手に入れるのは難しいらしいです。

長野県伊那市 高遠城址公園

高遠城址公園

高遠城址公園の桜の写真で有名なのが、小さい池の前で撮影する写真じゃないでしょうか。ここは毎年多くのカメラマンが訪れる定番の構図で、SNSでも多くの写真が上がっています。僕も昨年初めて撮影に行きましたがたくさんのカメラマンがいて結構な時間を待つことになりました。

ですが、そんな事も吹き飛ぶくらいの絶景で夢中でシャッターを切っていた事を思い出しますね。隣に来た外国の方に、構図の説明や綺麗に撮れる場所を教えたり有意義な時間を過ごす事ができました。あの外国の方は元気かなー。

長野県伊那市 高遠城址公園のまとめ

皆さんもコロナウイルスが終息したらぜひ、日本三大桜の一つ高遠城址公園の天下第一の桜を撮影しに来て下さいね!感動するような絶景がそこにはありますよ!