緊急事態宣言も解除され自粛ムードも緩和されてきました。引き続き警戒はしなければいけないとは思うので、県外への不要不急の外出はしないようにしたいと思います。Stay 信州!の精神で可能な限り人生を楽しみたいと思います。

元々長野県内での撮影が多かったので、Stay 信州は特にストレスを感じる事もないので自粛前と変わらずの撮影生活になるかと思います。皆さんに長野県の魅力的なスポットを紹介していきたいと思っているのでよろしくおねがいします!

今日は、自粛明け一発目に撮影してきた 長野県松本市 徳運寺の藤の花 の紹介をしたいと思います。

長野県松本市 徳運寺

徳運寺

長野県松本市入山辺にあるこの徳運寺は藤の花が見事に咲くお寺として地元民の間では有名です。

例年、5月中旬くらいになると地元のニュース番組でも取り上げられるくらいなのですが、県外者にはあまり知られていないせいか、藤の花が最盛期を向かえても早朝などは混み合うことがありません。まぁ、立地があまりよくないのもあるかもしれませんね。徳運寺の周囲は特に何があるわけでもなく、最寄りの松本駅から車で40分ほどの場所にありますから、美ヶ原へ行く際などには立ち寄ってほしいと思います。

比較的ゆっくりと撮影できるスポットなので人混みが嫌いな方にはおすすめです。

徳運寺の歴史

徳運寺そのものの歴史は古く、1331年に雪村友梅を招いて建設されました。この時は「徳雲寺」と表記されていたそうです。その後1851年に焼失。現存する建物は1854年に再建され、現在の「徳運寺」になったとされています。

徳運寺の基本情報

徳運寺の基本情報
  • 住所:長野県松本市入山辺4526
  • 駐車場:境内下に舗装された無料駐車場有り(約10台駐車可能)
  • 交通:
  • 車:最寄りIC「松本IC」から東へ約50分

    バス:最寄り駅「松本駅」から松本バスターミナルまで徒歩3分→松本バスターミナル→[入山辺線]徳運寺前まで約40分(入山辺線は平日のみ運行。運賃は大人300円・こども100円。両替ができないので小銭の用意を。運賃は先払いです。)

    タクシー:「松本駅」から約25分。予想料金¥3,000

  • お問い合わせ:0263-31-2215

徳運寺マップ

徳運寺周辺は道幅が非常に狭いので十分に注意してください。ちなみに道幅は車のすれ違いが困難なくらい狭いです。行きと帰りで通る道は別になっているので帰る際は注意しましょう。

長野県松本市 徳運寺の藤の花

徳運寺の藤の花

個人的には、非常に立派な藤の花だと思っています。もちろん藤の花で有名な足利フラワーパークに比べるとあれですが、徳運寺の藤の花は3色回廊と謳っていて、紫からピンク、白の3色の藤の花を楽しむ事ができます。本堂の屋根もどこか特徴的でおすすめの構図はこの本堂の屋根と藤の花を入れた構図が収まりがよくていいと思います。

周囲は山に囲まれていて、日頃の喧騒から逃れられる環境にあります。撮影していると、藤の甘い香りとクマバチのホバリング音がなんとも言えない心地よさを演出してくれるので、気付いたら長居してしまうこともありますね。やはり自然の物に触れるのはリフレッシュになりますね。

藤の花

長野県松本市 徳運寺まとめ

長野県で藤の花を撮影したい時は迷わずこの「徳運寺」がおすすめです!駐車場は10台ほどしか停められませんが早朝などは、ほぼ貸し切り状態で撮影できるのでお気に入りの構図を見つけてみてくださいね!