八千穂高原自然園

写真を始めた頃って「とりあえず撮影したい」って気持ちだけであちらこちらへと出掛けるわけですが、そんな写真を始めた頃に訪れたのが 八千穂高原自然園 です。

当時はグーグル先生のナビを頼りに訪れましたが、凄い遠かった思い出があり、少し敬遠してた節がありました。

今年は撮影したいロケーションの条件に八千穂高原自然園が合致したので数年振りに行ってきました。

題して、八千穂高原自然園で紅葉撮影を楽しんできた! です。

数年振りの八千穂高原自然園は当時と変わりなく素敵な景観をしていたので今回紹介したいと思います。

▼ 撮影ロケーション
  • 長野県佐久穂町 八千穂高原自然園

八千穂高原自然園について

八千穂高原で有名なのが白駒池でしょうか。僕も過去に何度が撮影に出掛けていますが、本当に素晴らしい場所です。

2021年紅葉シーズン到来!白駒池で撮影してきた!

そして、白駒池の他におすすめしたい撮影スポットが今回紹介する八千穂高原自然園です。

八千穂高原は他の高原と違い、大規模な開発が行われなかった事からありのままの自然な景観を楽しむ事が出来ます。

その中にある八千穂高原自然園は、約28ヘクタールの敷地に滝や渓流、池があり、また種類豊富な草花があり、自然を大いに満喫できる空間となっています。

開園と同時に行くと、雄大な自然と小鳥のさえずり、川のせせらぎなどを独り占め出来る最高の時間を味わう事が可能です。

八千穂高原自然園の基本情報

以下、八千穂高原自然園の基本情報になります。

▽八千穂高原自然園の基本情報
  • 住所:長野県南佐久郡佐久穂町大字八郡2049-183
  • 駐車場:大型駐車場有り(駐車場は無料ですが入園料 大人420円/小人210円 (団体割引 大人350円/小人170円)がかかります)
  • 営業時間:午前8時30分~午後5時(入園は午後4時20分まで)
  • 交通:車でお越しの方
  • 上信越道佐久ICよりR141、R299経由1時間

  • 電車でお越しの方

    JR小海線八千穂駅よりタクシー30分

  • お問い合わせ:0267-86-1553(佐久穂町観光協会)

八千穂高原自然園のマップ

八千穂高原自然園へ行くには長野県内に入ってから二種類のルートがあります。一つは佐久方面から行くのと、もう一つは諏訪方面から行く方法があります。

何れにせよ自然園近くに行くにつれアップダウンや急カーブの多い道が増えますのでご注意くださいね。

八千穂高原自然園の写真紹介

さて、八千穂高原自然園の写真を紹介したいのですが、八千穂高原自然園は普通に歩いていても「綺麗だなー」と思える部分が非常に多く存在します。

そして、滝や池などもあるので撮影スポットとしては申し分ないのではないでしょうか。その割に、あまり混雑していないのでゆっくり撮影したい人にはおすすめなロケーションです。

まずは「飛竜の滝」で撮影。

飛竜の滝は足場が悪く、なかなか近くまで行って撮影する事が出来ませんが気合と根性があればなんとか滝の近くまで行く事が可能です。(危ないのであまりおすすめはしません)

八千穂高原自然園

その後、「もみじ滝」と呼ばれる滝で撮影。一枚の岩を避けるようにして流れるもみじ滝は八千穂高原自然園の見どころポイントです。

八千穂高原自然園

落差などはないものの面白い形をした滝ですよね。

その後、奥に進んでいくと人工の滝を発見。あまり人工物と自然の物を一緒に撮影する事がありませんが、今日はここもありだなと思い撮影。

というのも、このポジションに来た時にちょうど木漏れ日が差してきたので撮影するしかないと思い撮影しました。

八千穂高原自然園

手前の岩に乗っているもみじは、その辺にあった形のいいもみじを拾ってきてのっけてます。「もみじ」っていうアクセントを加えるだけで非常に秋らしい写真になりますね。

八千穂高原自然園

池へ向かう途中の渓流を撮影。長時間露光の撮影はやはり楽しいですね。

この日はH&Yフィルターのマグネット式のフィルターを初めて実戦投入したんですが、非常に便利なシステムでした。脱着が簡単なのはやはりいいですね。ただしC-PLフィルターが回しづらいのが少し気になりました。

八千穂高原自然園内にある遊亀湖で撮影です。ここにはベンチもあるので天気のいい日には、ご飯食べながら景色を見るのもいいかもしれませんね。

八千穂高原自然園

遊亀湖に到着した頃には風があって綺麗なリフレクションとはいかなかったので、ND1000を使用して湖面をツルツルにしてみました。

八千穂高原自然園

NDフィルターを使用する事によっていつもと違う表現が出来たりするので便利ですよね。

遊亀湖からの景色を望遠レンズで切り取りました。所々赤く色付いている木があり、色のコントラストが非常に綺麗だと感じました。

八千穂高原自然園

遊亀湖での撮影を終えたあとは、自然園の入り口へ戻るだけなんですが途中に「熊穴」というスポットがあります。その近くに絵画の様な景色があるのでそこで撮影しました。

木漏れ日が木々にあたっていてコントラストが非常に綺麗な場所なのですぐに分かると思います。

八千穂高原自然園

八千穂高原自然園の紅葉のまとめ

久しぶりの八千穂高原自然園でしたが、カメラをもっていなくても自然と触れ合うといった意味では非常に素敵な場所になります。

滝や渓流もあるし、池を見ながらベンチでゆっくりする事も可能です。小鳥のさえずりを聞きながら木々が風に揺られる音を聞くなど非日常を味わいたい人にはピッタリの場所ではないでしょうか。

もちろん撮影で訪れる人にとっても、様々な撮影スポットがあるのできっと満足出来るロケーションです。紅葉は全体的に黄色っぽい色合いですが所々の赤やオレンジがいい雰囲気を出してくれます。

今回の撮影は非常に満足のいく撮影になりました。

ところで、「遊亀湖」ってなんて読むんですかね?(笑)