望遠レンズを風景撮影で使用していますか?僕もそうでしたが、望遠レンズって風景写真では使用頻度が少ないように思いがちですが、風景写真での望遠レンズの効果は絶大で望遠レンズにしか切り取れない世界があります。

今日は、そんな破壊力抜群な望遠レンズの効果や特性、また使い方を勉強しましょう。

望遠レンズについて

望遠レンズ

望遠レンズと上手に付き合う為にもまずはその特性を知りましょう。って言っても当たり前の事かもしれませんので、おさらい程度に読んでもらえたら嬉しいです。

ズームできる

そのまんまなんですが、被写体に寄らなくてもズームリングを回してあげれば被写体を拡大して写すことが出来ます。動体撮影なんかではこの恩恵は大きいですね。

画角は狭い

例えば、標準レンズと望遠レンズで同じ焦点距離で撮影したとしましょう。同じ焦点距離なんだから同じように写ると思うじゃないですか?実際撮ってみると背景の写る範囲が違ってきます。

望遠レンズの方は画角が狭いため背景の写る範囲が狭くなるのです。つまり写した部分だけを切り取れる為画角内が非常にすっきりした印象の写真になります。

圧縮効果が期待できる

広角レンズのように画角が広いと遠近感が強調され、写るものが小さくなります。望遠レンズはその逆で、画角が狭い為小さく写る事はありません。

もう少し説明すると、画角が広いと言う事は写ってる物を出来る限り画角に入れようとするため写っている物を小さくして広く写そうとするのです。

画角が狭いと言う事は写っているものを全部写す必要がない(写らない)為、画角内の写っているものを小さくする必要がないのですね。

上記の理由から、望遠レンズで撮影すると画角が狭いので被写体と背景との遠近感がなくなったように見えます。これを圧縮効果と呼びます。

ボケ易い

焦点距離を長くすればするほど背景はボケます。絞りF5.6とかでも結構なボケ味が期待できます。ボケが期待できると言う事は、中望遠域くらいのレンズなら使い方次第ではポートレート撮影などにも使用できるかもしれませんね。

CANONユーザーが勧める神レンズ

《新品》 Canon(キヤノン) EF70-200mm F4L IS USM[ Lens | 交換レンズ ]【KK9N0D18P】

価格:135,910円
(2020/2/3 11:26時点)
感想(14件)

キヤノン(Canon) カメラレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM【キヤノンEFマウント】 (EF100400LIS2)

価格:270,000円
(2020/2/3 11:28時点)
感想(0件)

CANONのLレンズは非常に高価ですがその描写力は間違いのないものです。一本は持っていたいシリーズですね。

新品は高すぎて手が出ないよって方は中古も視野に入れて探してみてはいかがでしょうか。

カメラ機材の購入は新品と中古でお買い得なのはどっち!?

望遠レンズでの撮影についてまとめ

望遠レンズは使い方次第でポートレート撮影にも使えるし、風景撮影では写したい部分を切り取る事もできるのでぜひ一本は持っていて損のないレンズだと思います!