撮影モード
登場人物A

撮影モードに関しては理解出来ているかな?

登場人物B

そうね。さすがに何年も写真を撮影していると知識も付いてきてそこそこ理解出来るようになったわ。

登場人物A

経験則が物を言うよね。今回はそんな撮影モードについて、初心者の方向けに説明するよ。

皆さんこんにちは。

カメラを始めて数年経ち、最近ではカメラ初心者の方によく質問されるようになりました。

個人的には人に教えられるほどいい写真を撮影出来ているかは疑問ですが、知識だけはそこそこあると自負していますので、多少の事なら教えれるかもしれません。

先日、最近カメラを始めた友人に「一眼買ったは良いけど右も左も分からないんだけど」なんて相談を受けました。

「いやいや、そもそも右も左もよう分からんのによく買ったな」なんて話をした事を覚えています。

説明するよりも経験した方が早いかなと思い、スナップ写真の撮影に誘って、彼と一緒に撮影してきました。そんな中で質問された基本的な疑問「撮影モードが分からん」って話を今回解説したいと思います。

特にカメラ初心者の方にとっては有益な情報かと思うのでお時間あれば読んでいただけると嬉しいです。


▼この記事で分かる事
  • 各撮影モードについて

一眼カメラの撮影モードについて解説します!

って事で今回皆さんにお送りするのは、各撮影モードについてどんな特徴があるのかの解説になります。

初心者の方は、基本事項になりますのでぜひ覚えていってくださいね。

撮影モードについて

カメラを購入してまず思うのが、ボタンの多さと機能の多さですよね。

「何このボタン」

「何この機能」

そんな連続ではないでしょうか?

特に撮影モードに関しては、AvとかMとか、PとかTvとか訳分からんですよね。

写真を撮影する という点ではどのモードにしても撮影出来るのになんでこんなにカテゴライズされてるのって感じです。

しかし、写真を撮影するという点では、細かくカテゴリー別にする必要はないかもしれませんが、何を撮影するか どんなシーンで撮影するか という点ではカテゴリーを分ける必要があります。

そして、撮影モードを分ける事で色々なものが撮影出来る様になるんです。

では具体的にどんな風に分けられているのか解説していきましょう。

AUTOモード

その名の通り、カメラがそのシーンにあった最適な設定の全てを自動で決めてくれるモードです。

撮影者は特に色々と考える事なく撮影出来るので、初心者の方で「とりあえず写真が撮りたい」って方におすすめです。

Pモード

プログラムモードになります。

このモードは、絞り値(F値)とシャッタースピードをカメラが自動設定してくれて、ISO感度だけ自分で設定するモードです。

AUTOモードと違うのは、ISO感度やホワイトバランス、露出補正なども任意に決められる点です。なのでAUTOモードより自由度の高いモードになります。

Tvモード

TvモードはPモードからシャッタースピードを自分で設定出来るようにしたモードになります。

つまり、ISO感度とシャッタースピードを任意設定するモードです。

自分でISO感度とシャッタースピードを設定すれば、その設定にあった絞り値(F値)をカメラが自動で設定してくれます。

シャッタースピードを変える事で、例えば水の流れを表現する事が出来たり、人を消す事も可能になります。表現の自由度も増しますね。

蛍
シャッタースピードを早くする事で蛍の光跡を収める事が出来ました

Avモード

Avモードは、Pモードから絞り値(F値)を自分で設定するモードになります。

このモードはISO感度と絞り値(F値)を任意設定する事で、それに適したシャッタースピードをカメラが自動設定してくれるモードです。

絞り値は、写真の仕上がりが大きく変わるので個人的にはよく使用するモードです。

絞りを開放(F値を小さくする)するとピントが合っているところ以外の部分が大きくボケます。逆に絞りを絞る(F値を大きくする)と全体的にピントが合っているように見えます。

ボケ加減が調整出来るので、物撮りやポートレートとかを撮影する場合に便利なモードになります。

レンズにピントを合わせているので奥の人物がボケています

Mモード

Mモードはマニュアルモードと言って、基本設定のほとんどを自分で設定するモードです。

絞りとシャッタースピード、ISO感度のこの3つの関係性をある程度理解していないと使いこなせないように思います。

このモードを使いこなせるようになると、自分の思い通りの撮影が出来たりします。

特にスタジオ撮影や星景写真なんかではこのモードの需要が高まります。

プロカメラマンなんかは基本的にはマニュアルだったりしますね。時と場合によりますが。

いつかはマニュアルモードでしっかりと撮影出来るようになると撮影ジャンルの幅が一気に広がりますね。


▽各種モードのまとめ
  • AUTO(オートモード)
  • 全自動設定。カメラに全てを託すモード。手軽に写真が撮影できます。

  • Pモード(プログラムモード)
  • ISO感度を任意設定。ホワイトバランスや露出補正も可能なのでAUTOよりも自由度が増す。

  • Tvモード(シャッター優先AEモード)
  • ISO感度+シャッタースピードを任意設定。絞り値(F値)は自動設定。

  • Avモード(絞り優先AEモード)
  • ISO感度+絞り値(F値)を任意設定。シャッタースピードは自動設定。

  • Mモード(マニュアルモード)
  • 基本的な設定は全て任意設定。


初心者必見!各撮影モードの解説まとめ

今回は非常に簡単に説明しましたが、カメラ初心者の方は「まずは楽しむ」「色々試してみる」って事が大切だと思います。

それを行う上で各撮影モードがどんな機能なのか分かっていないと、写真を撮る事がつまらなくなってしまいますからね。

僕個人的なおすすめは、Avモードですね。写真のシャッター速度やISO感度は設定失敗しても撮れる写真ははっきりとボツ写真になるのでいいんですが、絞りの設定は多少ミスしても ある程度の写真 それなりの写真 になってしまいます。

そんな設定をカメラに任せるわけにはいきませんからね。

そしてある程度なれてきたら、Mモードに挑戦してみてください。もしかしたら、Mモードで挫折するかもしれません。そんな時はAvモードに戻ればいいんです。

シーンに合った撮影モードで楽しいカメラライフをおくりましょう!