カメラ始めたはいいけどカメラやらレンズやら、機材が高すぎて綺麗な写真が撮れないよ!こんな安い機材じゃ僕の撮りたい写真なんか撮れるわけがないじゃんか!

って嘆いているそこのカメラを始めたばかりの君!それ間違ってないけど間違ってるんです。

今日は高価な機材なんて必要ないよ。って事を伝える為の記事です。

写真撮るなら高い機材が必要?

望遠レンズ

いやいやいや。写真撮るだけなら高価な機材なんて必要ないです。安い機材でももちろん写真は撮れますし、カメラライフを楽しむ事は出来ます。僕の友人は予算3万円縛りで、オークションで中古のカメラを探してきて使用しています。

写真撮るのって楽しいよね と毎回言っています。

僕は約23万円のフルサイズ機を新品で購入しカメラライフを楽しんでいますが、友人との写真の写りに特に差は感じません。

もちろん、レタッチ能力の差やカメラの写りの個体差・機種の特徴の好き嫌いはありますがお互いがお互いの写真をいい写真だねと称え合います(笑)

プロカメラマンが高価な機材を使う理由

厳密に言えば、やはり高価なカメラは性能が違います。

それは被写体に対してのAFの食い付きだったり、連写速度だったりとエントリークラスでは望めないような性能は魅力的かと思います。

なので、もしあなたがプロカメラマンを目指しているなら迷わずカメラに散財するべきです。

性能の他にプロカメラマンが高価なカメラを使う理由の1つとして、写りが良いとか悪いとかそんな話は一旦置いといて、高いカメラの方が堅牢性や記録媒体が2枚入る事(ダブルスロット)で、データの保護が出来るからですね。

写真でご飯を食べているわけですから、データの紛失や機材の故障なんて死活問題ですからね。安心をお金で買うって理由が一番かと思います。

高価なカメラやレンズを購入する訳

R

表題にもありますが、綺麗な写真を撮るには高価な機材が必要かと言われると、YESともNOとも言えません。

それは間違っているようで間違っていないのです。

高価なカメラは当然ながら、機能が非常に優秀です。安価なカメラには搭載されていないような機能があり、それらの機能は撮影をする上でユーザーを助けてくれます。

また設定を変更することにより自分好みにカスタマイズ出来る項目が多いなど自由度が高いのも魅力かと思います。

レンズにしてもそうですね。僕が撮影の際に使用するレンズは、Lレンズと言ってキャノンの高性能レンズになります。その写りはCANONの比較的安価なレンズに比べて、確かに描写力や解像力に優れていると思います。

得に開放F値での描写力に関しては結構な差があると感じました。安価なレンズの方が描写力が甘い感じですね。ただその差って本当にわずかなもので、その甘さがいいと言う人もいます。要は個人の好みの問題になりますよね。

僕みたいに趣味として写真を撮るレベルのカメラマンにはその僅かな差なんて写真を見ても分からないもんです。

それに、今はレタッチの技術も進化してますからね。ある程度ならレタッチで補えてしまいます。

レンズ性能の差って結構分からないもの

そんな事言っても高価なレンズ使ってるじゃん。って思われる方もいるかと思いますが、こと僕に関しては性格の問題かと思います。

僕の場合は何をやるにしても形から入る性分ですので、とりあえず人から見られた時にある程度の物を使っていたいと謎の思いからLレンズの購入に至りました。

その後色々とカメラやレンズの知識を付けてきて、最終的に辿り着いた考えが 正直写りに差がないじゃんか って事でした。

そうなんです。正直そんな違いは高価なレンズで撮った写真と安価なレンズで撮った写真を並べて比べてみないと分からないレベルなんですよね。

これは中古で1万円だったレンズで撮って出し。レタッチ後の作例は記事の下の方へ

つまり1枚の写真を目の前に出されて、

これは高価なレンズで撮影した写真でしょうか、安価なレンズで撮影した写真でしょうか? なんて言われても正直 違いは分かりません。

考えてみても下さいよ。そんなシチュエーションは日常にはないですよね。

それに、あなたが自分で撮影した写真を友人や家族に見せる時に、わざわざ2枚の同じ写真を見せることなんかありますか?ありませんよね?

写真コンテストに応募する際に2枚の写真を並べて応募する事なんてありますか?ないですよね?

って事はですよ?日常的に高価なレンズで撮影したかどうかなんて分からないんですよ。

高価なレンズの描写力が優れていて綺麗な写真が撮れる事は否定しません。見た目もだし、描写力も含めLレンズも購入しました・・・

が、確かに綺麗でシャープな写りはしますが、別に目的としている写真が撮れるわけでもないし、Lレンズのおかげで僕自身の写真の腕が上がったわけでもありません。

正直、僕が撮影した写真で綺麗だと言われる写真はほとんどレタッチで仕上げきった写真ばかりです。先程の善光寺の写真はこちらのレンズで撮影しました。

Canon 単焦点広角レンズ EF24mm F2.8 フルサイズ対応

中古価格
¥12,700から
(2020/3/2 12:58時点)

今ではこの新しいレンズで手ブレ補正付きが発売されていますが、僕の場合は三脚を使用するので必要ないかと思いました。

はっきり言うと、Lレンズによって満たされたものは僕の所有欲ですね。

綺麗な写真=いい写真 それは間違い

成功

高価な機材で撮影した写真は確かに綺麗な写りをすると思います。それはカメラの性能が安価なカメラに比べて勝っているので当たり前といえば当たり前です。

だからって構図も何も考えずに撮影した写真が綺麗かと言われるとそれは違います。もうね、ここは言い切りますよ。

だって、高価な機材で撮ったからってその写真から何も伝わってこなかったらそれは いい写真 ではないと思います。下手したら綺麗とも思われないかもしれません。

機材どうこうじゃなくて、何を表現するかを相手に伝えるかが明確になっているかが重要で、それこそが いい写真 だと思います。どうせ撮るなら綺麗でいい写真を目指しましょう!

綺麗な写真にするなら

それでもあなたが写りのいい写真を撮りたいと思うならレタッチの技術を磨いた方が財布にも優しいし、よっぽど自分の為になると思います。

レタッチとは撮影したデータをPCに取り込んで編集する作業の事を言います。

レタッチ技術を磨けば、安価なカメラやレンズで撮影したものでも解像感のある綺麗な写りの写真に仕上げる事が出来ます。え?写真の加工なんて邪道だって?

じゃあ、あなたは もっと良くなる可能性のある素材をそのままにするのですか? その素材を良くするためのツールがあるのに使用しないなんて勿体ないと思いませんか? って話なんですよ。

もっと言うと、レタッチはよく料理に例えられますが、野菜を食べるのに生で食べる人ってなかなかいませんよね?あらゆる調味料などを使用して美味しく食べようとするじゃないですか?それと同じ事がレタッチでも言えるんです。

レタッチ後

安い機材でも綺麗な写真が撮れるまとめ

高価な機材がほしい人は止めませんが、高価な機材でないと綺麗な写真が撮れないわけではありません。

大切な事は安価な機材でもその機材の特徴を理解して性能を最大限に活かしてあげる事を考えるべきだと僕は思います。