望遠レンズ

望遠レンズ購入でお悩みの皆さんこんにちは。

ほとんどの撮影はもっぱら広角ズームレンズや標準ズームレンズで間に合わせている僕です。決して望遠域のレンズを所有していないわけではありません。僕がオススメする望遠域だとEF70-200mmのレンズを所有しているのですが、これくらいの焦点距離が扱いやすいのではないかと思いました。

なので、今日は 望遠レンズ購入でお悩みの方へEF70-200mmをおすすめ したいと思います。

望遠レンズについて

望遠レンズ

一般的に焦点距離の概念って決まりがなくて人それぞれなので、この距離がこう!って事は言えないのですが、普段使いするのに僕個人の意見として焦点距離の最大値は200mmくらいが取り回しも効きやすいと思います。

「200mmなんて望遠じゃない」って方もいるかと思います。そりゃそうですよね。レンズの種類の中には、400mmだったり、600mmなんて焦点距離の物もあるくらいですから、200mmなんて中望遠域かもしれません。

ですが、そこが人それぞれで、僕の撮影する用途では16-200mmの焦点距離を使用するので、僕の中では200mmは立派な望遠レンズになるのです。

野鳥撮影をする方にとっては200mmのレンズは短すぎるでしょうね。野鳥撮影にはせめて400mmは欲しいところです。

望遠レンズ 70-200mmで十分な理由

望遠レンズ

僕が思う最大焦点距離が200mmで十分な理由は、そこまで遠くの被写体を拡大して撮影しようと思う事がないからですね。

僕の場合、基本的には風景写真しか撮影しない為、そこまで長い玉を必要としたことがありません。確かにSNSとかみてても200mm以上で撮影した飛行機の作品や野鳥の作品を見てると、「凄い」とか思うのですが、それが自分の撮りたい写真かどうかは別問題であるという事ですね。

風景写真で200mm以上の作品だと、例えば400mmで山の岩肌を拡大した写真だとか、霧氷を拡大した写真だとか色々あるんですが、それを撮りたいかと言われるとそうではないのです。

200mm以上の焦点距離があれば、写真の表現の幅が広がるとも思いますが作風が迷子にも成り得ますね。

望遠レンズ「EF 70-200mm F2.8L IS II USM」

ここでやっと本題に入るのですが、僕のおすすめする望遠レンズは、EF 70-200mm F2.8L IS II USM です。ここまで散々言ってきたから今更なんですが、これは神レンズと評判のレンズです。

焦点距離が70-200mmって距離もミソですね。70-200mmは広角端でも望遠端でも当然風景写真にも使えるし、ポートレートでも使えるレンズです。開放F値がF2.8とボケ味もさることながら、絞ればパキッとした描写を実現してくれます。

つまり取り回しの効くレンズって事ですね。

望遠レンズEF 70-200mm F2.8L IS  II USM」のスペック

詳細レンズタイプ 望遠ズームレンズ
フルサイズ対応
レンズ構成 19群23枚
絞り羽根枚数 8枚
焦点距離 70-200mm
最短撮影距離 1.2m
最大撮影倍率 0.21倍
開放F値 F2.8
手ブレ補正機構
防塵・防滴 防塵防滴仕様
フィルター径 77mm
重量 1490g
参考価格(新品) ¥300,000
参考価格(中古) ¥100,000〜¥150,000

先程も記述しましたが、開放F値が2.8通しと明るく、非常に綺麗なボケ味を演出してくれます。なので、ポートレート撮影でも使用する事が多いので凡庸性という点では持っていて損のないレンズになります。

このレンズは現在3型までリリースされており、2型は中古市場で¥100,000〜取引されています、最新型ではないものの大三元レンズの中の1本として人気のあるレンズです。

中古でも状態のいい物が出回っているので、探し回れば極上品に出会えるかもしれませんね。

テレコンバーターについて

テレコン

それでも200mm以上の望遠レンズが欲しくなった人は止めません。先程も言いましたが、焦点距離を広くカバーすると言う事は表現の幅が広がる事に繋がります。

ただ、レンズの購入の前に一つ検討してほしいアイテムがあります。それが、テレコンバーター というアイテムです。近いうちに記事を書きたいと思いますが、今回も少し触れたいと思います。

この便利アイテムを装着する事で、簡単かつ安価に焦点距離を伸ばせるんです。この通称テレコンには焦点距離を1.4倍や2倍にする事が出来て、サードパーティ製(社外品)なら2万円前後で手に入るので非常におすすめのアイテムです。

テレコンバーターのメリット・デメリット

簡単にテレコンのメリットとデメリットを紹介します。

テレコンのメリット

  • 安価で望遠域の撮影を楽しめる
  • 軽くて小さいので荷物にならない
  • 最短撮影距離は変わらない

テレコンのデメリット

  • 画像が劣化する

これに関しては、使用するカメラボディや元々のレンズの性能にもよりますが、野鳥などの動物撮影や月などの撮影では問題ないかと思います。

風景撮影に関してはテレコン性能やレンズ性能によっては画質の劣化が目立つので気をつけたいところです。

望遠レンズのおすすめまとめ

使用用途にもよりますが、まずは70-200mmから始めてみるのは全然ありだと思います。それ以上の焦点距離になると撮影シーンも限られますし、取り回しが効きにくいです。

70-200mmを使用してみて、更に望遠レンズが欲しくなったら検討すればいいと思います。または、テレコンという選択肢もあるので、やはり一番取り回しが効く70-200mmがBest Buyかと思います。

望遠レンズ購入で悩んでいる方の役に立てたら嬉しく思います。