50mm単焦点レンズ

趣味でカメラを始めて早数年。それなりに無理のない範囲で色々な機材を買っては試して買っては試してを繰り返してきました。もちろんキャノンの最高峰レンズのLレンズも数本所有する程度になりました。Lレンズに関しては説明するまでもないかと思いますが、キャノンが誇る高性能レンズシリーズになります。

高性能レンズと言うだけあって、AF時のモーター駆動音は静かだし、被写体へのAFの食い付きも早く正確だったりします。描写力もさすがの一言で、かなり精細な写りをします。伊達にウン十万円しませんね。Lレンズはキャノン党の僕としてはどのレンズも魅力的です。

ですが、ことコストパフォーマンスに関してはこのレンズの右に出るレンズはないのではないのでしょうか。それが今回紹介する、Canon EF 50mm F1.8 STM です。俗に言う撒き餌レンズですね。

変な話、Lレンズよりも感動します。Lレンズはレンズそのものの価格が高いので「綺麗に写って当然だよね」って感じがします。ですが、このEF50mm F1.8 STM は撒き餌レンズと呼ばれるだけあって非常に価格設定が低くなっています。

では、EF50mm F1.8 STM に関して詳しく見ていきましょう!

▼ この記事で分かる事
  • EF50mm F1.8 STM のレビュー

EF50mm F1.8 STM は買って損しないレンズ

EF50mmF1.8STM
F10撮影シャープな写りをします

EF50mm F1.8 STM はとりあえず買っておいて損の無いレンズです。使う使わないなんて考えずに購入するべきです。レンズは沢山持っていても困りませんからね。それにEF50mm F1.8 STM は単焦点レンズでしかも、オーソドックスな焦点距離50mmなのでそれなりに使用頻度もあると思います。

では、EF50mm F1.8 STM を買って損がない理由を紹介していきますね。

EF50mm F1.8 STM を買って損がない理由

EF50mm F1.8 STM
開放F1.8で撮影。描写は少し甘め
▽ EF50mm F1.8 STM を買って損しない理由
  • とにかく安い。安いは正義
  • とにかく軽い。軽いも正義
  • 開放F値1.8なので明るい
  • 描写もそこそこいい
  • AFの食い付きもいい

EF50mm F1.8 STM を購入して損をしない理由はこの辺にあります。ところでこのEF50mm F1.8 STM は撒き餌レンズと呼ばれていますが、撒き餌レンズってご存知ですか?

撒き餌レンズとは何か?

そもそもメーカーがリリースしている「撒き餌レンズ」と呼ばれるレンズ。撒き餌の意味はご存知ですか?撒き餌とは漁や釣りを行う際に仕掛けの近くに魚を呼び寄せる為にばら撒く餌の事です。つまりこの撒き餌レンズとは、各メーカーがとりあえず使用してほしいが為に低価格で多くの人に提供したいレンズとなっています。

このEF50mm F1.8 STM は撒き餌レンズとして非常に有名なレンズです。

とにかく安い。安いは正義

撒き餌レンズは安い事でも知られています。このEF50mm F1.8 STM も当然ながらお手頃価格でお求めいただけます。その値段なんと、

¥13,500 (税別) !!!

Amazonの並行輸入品の値段ですが驚愕の価格です。Lレンズは二桁万円は当たり前ですから非常にリーズナブルな価格ですね。うん。安いは正義ですね。

とにかく軽い。軽いも正義

カメラって持ち歩いてなんぼって感じじゃないですか?旅先に持っていったり、屋外でポートレート撮影したり、もちろん風景写真の撮影だってそうですが、カメラを持ち運ぶ際に気軽に持ち運ぶ事ができないような重さだと嫌になりますよね。

その点、このEF50mm F1.8 STM は重さ約160gと群を抜いての軽さになります。カメラ本体の重さと合わせても1kg未満なので気軽に持ち運べる重さを実現しています。フットワークも軽くなりますよね。

開放F値1.8

低価格で絞り開放F値1.8を実現しています。F値とはレンズの中にある絞り羽根と呼ばれる、レンズに入ってきた光量を調整する羽根が「今、これだけの光を取り込めますよ」ってのを数字で表した数字です。F値に関しては過去記事をご覧くださいね。

カメラ教室。F値(絞り)について分かりやすく説明します!

F値の数字は低ければ低いほど光を取り込める量が増えるので開放F値1.8は相当優秀と言えます。開放F値が低いレンズは明るいレンズって言われ方をしますよね。この明るいレンズって高価な物が多いのですが、この価格で実現してくれているのはユーザーにとっては非常にありがたい事です。

描写もそこそこいい

「安いレンズって写りが良くないイメージ」「安いレンズって解像感がイマイチ」そんなイメージをお持ちではないですか?どのメーカーさんの撒き餌レンズにも共通して言える事ですが、正直な所、高価なレンズと撮影した写真と区別がつくかどうかなんてハッキリ言うと、玄人じゃなきゃ分かりませんよ。

高価なレンズを使用した所でピンボケしていたらなんの意味もないですからね。画質のいい写真を撮影するには機材による所もありますが、まずはご自身の腕だという事をしっかりと理解するべきです。

それに、昨今はカメラ本体や写真編集ソフトの進化もあって撮影後に写真編集する事でその画質をより引き上げる事ができます。

AFの食い付きもいい

比較的低価格のレンズにしてはAFの食い付きがいいです。ここに関しては高性能なレンズに劣るとこはありますが、日常使いでは十分及第点を与えられるレベルです。なんの問題もありません。ただ、高価のレンズと違いAFモーターにSTM(ステッピングモーターの略で、構造がシンプルなので安価に製造できコスパに優れる)AF時に少しモーター駆動音がうるさいですが、許容範囲内です。

モーターの駆動機構に関しては、そもそも高性能レンズとは搭載している物が違うので比べるのもお門違いなんですけどね。

EF50mm F1.8 STM のデメリット

これまでは、EF50mm F1.8 STM のセールスポイントについて触れてきましたが、デメリットはないおかどうかって点も触れてみたいと思います。

ハッキリ言ってデメリットはありません。正確に言うと、この低価格でこれだけの写りをするんだから文句ないよねって感じです。この価格で高性能レンズほどの性能を求める事は当然おかしいですし、逆に言えばこの価格で単焦点レンズが所有できて、しかも開放F値1.8と明るいレンズが手に入るわけですから、デメリットとか言ってたらバチがあたります。

理想を言えば、開放値ではもっとシャープな写りをしてほしいとか、開放値での玉ボケが少しいびつな形だとか、色々ありますがケースバイケースでの事を言っても完璧なレンズなんて無いですからね。及第点です。

EF50mm F1.8 STM 作例

EF50mm F1.8 STM
ISO3200 F1.8で撮影

文字だけで色々言っても仕方無いので、EF50mm F1.8 STM をカメラに装着して何枚か撮影してきたのでご覧ください・・・と言うか既にご覧になっています。この記事に使用されている画像は全て EF50mm F1.8 STM で撮影しています。

どうでしょう?安いわりにいい写りすると思いませんか?残念ながら僕は高価な50mmの単焦点レンズを所持していないので撮り比べが出来ないのは申し訳ないと思っています。

なので、皆さんには「撒き餌レンズでもこんな写真が撮れるんだ」って感じでみていただけたらなと思っています。

キャノン EF 50mm F1.8 STM まとめ

EF50mm F1.8 STM
開放F1.8 のボケ感

高価なレンズは確かに描写力に優れています。加えてフレアやゴーストへの耐性も優れていあmす。ですが、高価な写真だからいいなんて事は絶対にないです。

いい写真が撮れないからと言って機材のせいにしていては、写真の腕は上がりません。その機材のベストパフォーマンスを引き出して上げる事ができれば最高の一枚が撮影できる事でしょう。