カメラに関して、皆さんこんな疑問に思った事ありませんか?「なぜ一眼レフカメラのボディって黒色ばかりなのか」って。

車や携帯とかってカラーが選べるじゃないですか?なんでカメラって黒色ばっかなんですかね?

生粋のブラックニスタの僕にとっては、たとえ他に選べる色があったとしても黒を選ぶのであまり関係ありませんが少し気になったので調べてみました。

カメラのボディが黒色には理由がある

カメラ

カメラが黒色であるべき一番の理由

カメラが黒色であるべき一番の理由は反射したものを撮影した時の写り込みを目立たなくさせるのが一番の理由だそうです。

たとえば、マクロ撮影やポートレート撮影では被写体に周辺の景色などが写り込む事が多々あります。もちろん撮影時に気をつけてなるべく写らないようにはしますが、どうしても写ってしまう時があります。

この時、カメラがカラフルだと写り込みが非常に目立ちますよね?ポートレート撮影時にモデルさんの瞳に赤色のカメラが写っていたらガッカリですし、モデルさんにも申し訳ないです

そういった理由からカメラは黒色がいいとされています。

カメラ以外のその他の備品も黒色

よくよく考えてみるとカメラのボディ以外の備品も黒色ですよね?フィルター・三脚・レンズ・レンズフード・ストロボなど撮影に必要とされている物はほとんど黒で統一されていますが、この理由も上記の 写り込み に配慮されているからなんですね。

写り込みしない環境下ではどうなの

はっきり言って写り込みがしない環境下(風景など)の撮影では黒色以外のカメラを使用しても問題ないかと思います。近年は一昔前よりもボディのカラーバリエーションが増えたように思います。

例えばこれ↓

白色が非常に可愛いです。女の子ウケしそうです。

これも非常に可愛いモデルですね。

しかしながら僕の意見としては、風景写真しか撮らないと決めていた僕ですら友人に頼まれ、たまにポートレート撮影をする事があります。その際にカメラボディがカラフルで写り込んだ時の事を考えると黒で良かったなと思います。

カメラ機材が黒色である理由まとめ

カメラは一台で風景も人物も動体撮影も出来ます。僕のように友人に頼まれポートレート撮影とかする際にカラフルなカメラが写り込みで目立たないようにも、やっぱりカメラは黒で決まりですね!