最近ではスマホのカメラが劇的な進化を遂げています。つい先日にはシャオミから1億画素のレンズを搭載したスマホも発売され話題となりました。

シャオミが日本参入!驚きのカメラスペック、1億画素!!

1億画素ですか・・・どんな写りか気になる所ではありますね。手軽に撮れることから写真撮るならスマホでいいよねって方もいるかもしれませんがやはり写真を撮るなら一眼レフだと僕は思います。

さて、今日はこれからカメラを始めようと思っている方へ僕が個人的にオススメするミラーレスカメラを5つ紹介しようと思います。 なぜミラーレスカメラなのかと言うと、カメラ市場では現在ミラーレスカメラの市場が成長しているからですね。トレンドを抑えようって事です。

ミラーレスカメラについて

M

通常の一眼レフカメラにはレンズから入ってきた光を反射させるためのミラーと言う機構があります。ミラーレスカメラにはこのミラーがありません。ここが通常の一眼レフカメラとの一番の違いです。ミラーレスカメラは通常の一眼レフカメラより軽量化でき、ボディ自体もコンパクトに出来るので製造コストも比較的安く抑えられると言ったメリットがあります。

ミラーレスカメラを購入する際の注意点

では、ミラーレスカメラを購入する際の注意点を解説していきましょう!

動画性能

最近では日本でもVLOGが浸透してきていますよね。「自分は動画撮らないからそのへんはいいや」って方も当然いるかと思いますが、動画機能が優れている事に損はありません。今やiPhoneでも4K 24fpsで撮れる時代ですから、せめて一眼レフでも4K 24fpsで撮れるような機種がいいのではないかと思います。VLOGでなくても旅先での動画撮影はいい思い出になりますよ。

ボディの重さとホールド感

言わずもがな本体の重さは非常に重要です。言ってしまえば、一眼レフカメラを持ち歩くと言うことはカメラを2台持ち歩く事と一緒です。

どういう事かと言うと、スマホは現代人の必需品ですから必ず持ち歩くじゃないですか、気軽に綺麗な写真が撮れるという点ではスマホに適う物はないですからね。なので重い一眼レフカメラは持ち歩かなくなる可能性があります。ミラーレスカメラの特徴として本体重量が軽いことが挙げられますが、重量と言っても様々なので気になる機種は家電量販店などで触ってみましょう。

あとは、カメラを構えるた時のホールド感も重要かと思います。手でカメラをしっかり持っている感じがないと過って落下なんて事にもなりかねませんから・・・。

手ブレ補正

綺麗な写真を撮るならブレは厳禁です。ブレには大きく分けて手ブレと被写体ブレがありますが、この手ブレに関しては各メーカーが対策に乗り出しているので手ブレ補正が付いているか付いていないかはしっかり確認しましょう。また手ブレ補正に関しても種類があるので下記の記事も合わせて読んでくださいね。

カメラの手ブレ補正って、ボディ内とレンズ内で何が違うの?

センサーサイズ

フルサイズは高画質で暗所部の撮影に有利です。ダイナミックレンジも広いので明暗差の激しい環境下での撮影が予想される方はフルサイズの方がいいかと思います。

もう一つ主流なセンサーがAPS-Cです。APS-Cはフルサイズ機に比べるとお手頃な機種が多く、選択の幅が広がります。またフルサイズ機に比べて望遠が効くので少し遠くの動体などの撮影で力を発揮します。

https://daily-hot.work/2019/12/10/sensa/

ではこれらの点を考慮して、これからカメラを始めようとしている方へ僕のオススメするミラーレスカメラ、つまり入門編のミラーレスカメラを紹介したいと思います。

ミラーレス一眼カメラのオススメ

キャノン 「EOS Kiss M」

写真やイラストでの説明画面があるので初心者の方でも直感的な操作が可能です。また、小型軽量ボディ( 390g)なので持ち歩いても疲れにくく、バリアングル液晶モニター搭載なので手軽にハイアングルやローアングルの撮影・自撮り撮影が出来ます。

4k 24fpsの動画撮影が可能です。手ブレ補正もボディ内手ブレ補正搭載なので手ブレびよるストレス軽減になります。センサーも約2410万画素のAPS-Cサイズの非常に高精細なセンサーなので綺麗な写真表現が楽しめると思います。


キヤノン EOS Kiss M 【EF-M15-45 IS STM レンズキット】 (ブラック/ミラーレス一眼カメラ) EOSKISSMBK1545ISLK

ソニー 「a6400」 ILCE-6400

ミラーレスカメラと言えばソニーみたいなところありますよね。なんといっても0.02秒の高速AFを活かした「リアルタイム瞳AF」は被写体の瞳を逃さずピント合わせしてくれるのでポートレート撮影の強い味方です。また、あの「a9」や「a7R Ⅲ」と同じ最新の画像処理エンジンを搭載しているので非常にシャープな写りをします。背面の液晶画面がチルトアングルになっているのでVlogなど自撮りもしやすいのは魅力ですね。


ソニー SONY ミラーレス一眼 α6400 ボディ ブラック ILCE-6400 B

パナソニック 「LUMIX」DC-GF10W

カメラライフを有意義に過ごすために作られたかのような機種です。夜景と自分を撮る際に活躍するのが「夜景&自分撮りモード」シャッターを一回押すと背景の夜景を高速連写で撮影後に内蔵ストロボで人物を撮影しカメラ内部で合成してくれるので綺麗な一枚が撮影出来ます。また、自撮り時に役立つダブルシャッター搭載で右手でも左手だもシャッターを切る事が出来ます。動画性能としては4k 30p対応でなめらかなどうが撮影が可能です。非常にコンパクトなので男性はもちろん女性の方にも扱いやすい設計になってますね。


パナソニック ミラーレス一眼カメラ ルミックス GF10 ダブルレンズキット 標準ズームレンズ/望遠ズームレンズ付属 ブラック DC-GF10WA-K

パナソニック 「LUMIX」 DC-GX7MarkⅢ

上記のLUMIXと違いこちらは少し無骨な印象ですね。ボディ内5軸手ブレ補正搭載な上にレンズ内の2軸手ブレ補正を合わせた「Dual.I.S」を搭載。これによって強力な手ブレ補正を実現しました。また、撮影後に好きなフォーカスポイントを選べる「フォーカスセレクト&フォーカス合成モード」を搭載しています。このモードが非常に画期的です。撮影した後にフォーカスポイントを変えられるなんて斬新です。


パナソニック ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX7MK3 ボディ ブラック DC-GX7MK3-K

ニコン 「Z50」

ニコンから発売されたミラーレスカメラ。特徴は安定のホールド感を実現したグリップと必要なボタン類はボディの右側に集中させ操作性の向上に成功した機種です。またニコンのフルサイズミラーレスカメラの「Z6/Z7」と同じZマウントを採用したことにより高画質を実現しました。


Nikon ミラーレス一眼カメラ Z50 ダブルズームキット NIKKOR Z DX 16-50mm+NIKKOR Z DX 50-250mm付属 Z50WZ ブラック

ミラーレス一眼おすすめのまとめ

以上が僕が初心者の方にオススメするミラーレスカメラになります。ミラーレスカメラはお手軽なものから高価なものまで、また機能でも各メーカーで特徴があるので迷うかと思います。

すこしでも参考になったら嬉しいです!